アジア最大のゲームショウであり、最も影響力のあるローカルイベントであるPAGEは、ゲーム業界の関係者全体が集まってビジネスを行う場所です。

グローバルなゲーム会社からゲームのスタートアップまで世界中の開拓者が製品を発表し、ブランドを構築して、現在の最も差し迫った課題を解決していくパートナーとなります。

フィリピン‐アジアゲームショウ(PAGE)への参加に関するガイドライン

展示会への参加または訪問を容易にするため、次のことを丁寧にお知らせします。

ビザ

ビザ申請のためにカンファレンスの招待状が必要な訪問者は、PAGE招待状申請書に記入して提出してください。カンファレンスは展示会の招待状のみを提供し、訪問者がビザを正常に申請できることを保証するものではありません。

フィリピンの出入国要件

フィリピンの空港に到着しますと、旅行者はパスポート、ビザ、乗船カード、入国・帰国の申請書、及びフィリピンに入国するための税関申告書を作成するものとします。飛行機では、航空会社のホステスが乗客の出入国登録フォーム、出入国申請書、税関申告書を渡し、飛行機に搭乗する乗客はフォームに記入して時間を節約できます。入国カードと入国・帰国申請書は英語で記入してください。旅行者は、登録カードと仕様書の要件に従って記入すればいいです。これらの項目のうち、名前フィールドは大文字で書き込んでください。特別な手荷物がない場合は、税関申告書に名前、国籍、資格情報番号、生年月日、及びその他の基本情報を記入した後、緑色のボックスをチェックしてください。上記の情報は、要件に厳密に従って記入する必要があります。また空港通関時に、関連する窓口で記入する書類を収集することもできます。

入国

    1. 入国のポイント
      マニラ国際空港は、フィリピンで最も広く利用されている空港です。その他の主要空港は、セブのマクタン国際空港、ダバオ国際空港、カリボ国際空港などです。旅行者は飛行機を降りた後、ビザ、パスポート、及び記入済みの出入国登録カードを空港入国管理カウンターに提出して、スタッフにチェックしていただきます。スタッフが入国カードを確認してパスポートに入国シールをスタンプした後、入国手続きが行われます。入国手続きが完了した後、旅行者は指定された場所から荷物を受け取り、税関デスクに持って行って検査を受けます。また、査証のためにビザ、パスポート、入国申請書、税関申告書を税関職員に渡します。税関検査に合格すると、税関申請書が回収されます。申告する所持品がない場合、旅行者は直接グリーンチャンネルを利用できます。それ以外の場合は、レッドチャンネルを利用できます。その後、保安検査場の標識に従って進み、保安検査を通過してフィリピンへ入国します。
    2. 所持品
      フィリピンの税関規定によれば、旅行者は1.4リットルのアルコール、200本のシガレット、50本の葉巻、250gのタバコを免税で持ち運ぶことができます。フィリピンに持ち込む通貨の金額は、3,000ドルを超えてはならず、事前に申告する必要があります。
    3. 入国要件
      • 旅行者は、所持品の種類と量を税関申告書に正確に記入しなければなりません。虚偽の申告または申告されていない項目がある場合、フィリピン税関規則に従って罰せられることがあります。旅行中に使われる個人所持品は申告を必要としません。
      • フィリピンの法律により、銃器、爆薬及びその部品、コンパクトディスク、ステレオは立ち入り禁止となっています。
      • 麻薬、化学物質、処方箋なしの薬物などの規制対象の物品の持ち込みは禁止されています。それらを所持することは違法とみなされます。
      • 農作物、野生動物/植物及びそれらの製品の立ち入りが制限されている。そのような品物を携帯する場合、旅行者は申告を提出する必要があります。そうでなければ、それらは没収されるし、その人は処罰の対象となります。
      • 申告なしに、1万ペソ以上の紙幣、硬貨、小切手、マネーオーダーを持ち込むことは違法です。この規則に違反すると、押収、民事罰、及び刑事訴追につながる可能性があります。
      • 麻薬を所持することは犯罪となります。

出国

マニラ国際空港に到着後、指定カウンターでフライトの帰国便の手配を行い、個人パスポートと往復航空券を作成して搭乗券を受け取る必要があります。搭乗券を受け取ったら、出口検査エリアに行き、パスポート、出口登録フォーム、搭乗券をスタッフに渡してチェックします。チェックが完了すると、スタッフがパスポートに出口のシールを押します。旅行者は、セキュリティチェックポイントと税関のデスクに行って検査を受けてから、フライトラウンジに行って搭乗を待ちます。

宿泊施設及びホテル

主催者は、出展者と契約者のために宿泊施設を無料で手配することはできません。出展者及び契約者は、オフィシャルホテルを予約できます(詳細については、出展者のタスクリストを参照してください)。または、状況に応じて他のホテルをも予約できます。
PAGE 2020特別割引率のホテル一覧はこちら

交通手段

訪問者は、グラブ(Grab)アプリを使用してマニラ首都圏を行き来することができます。空港送迎については、それぞれの宿泊施設とホテルが無料送迎を提供する場合があります。
主催者は、SMXコンベンションセンターと世界貿易センターへの送迎シャトルバスを提供します。

レストラン及び珍味:

フィリピン料理の特徴:スーパを含むすべての有名なフィリピン料理は、酢とニンニクのようなスパイシーなソースを使って調理されています。中国と西洋の味を巧みに組み合わせて、ユニークなスタイルの料理を作りだします。レチョン(Lechon)とアドボ(Adobo)は典型的なフィリピン料理です。レチョンは典型的なフィリピンのお祭り料理で、主にローストポークで作られています。ホームスタイルのアドボ料理は、パプリカ、オレガノ、塩、ニンニク、醤油、酢で作ったストック(またはソース)にローフードを浸して、その風味を保存し強めています。

 

最寄りのレストラン及びバー:

    • ウマウマラーメン店
      アドレス:SM Mall of Asia Complex, Coral Way, Pasay, Metro Manila.
      ルート:SMXコンベンションセンターの南側からスタートして、Seashell Lnに沿って100メートル歩き、Coral Wayを右折して直進します。Seaside Blvd Sを右折し、約90メートルくらい歩くとそこに到着します。SMXコンベンションセンターから約400メートル、徒歩で約10分かかります。日本の福岡ラーメンに由来するウマウマラーメンは、ラーメンだけで60年以上の歴史を誇っています。現代的かつカジュアルなラーメン店だと言えます。MSGを完全に含まないおいしいスープベースを使用するウマウマラーメンは、その準備に10〜12時間かかります。
    • パラダイスダイナスティ(中華レストラン)
      住所:S Maison, Conrad Seaside Boulevard Corner Mall of Asia Complex (MOA), Pasay City
      ルート:SMXコンベンションセンターの南側からスタートして、Seashell Lnに沿って100メートル歩きます。次に、Coral Wayを右折し、Seaside Blvd Sを右折して90メートル歩きます。SMXコンベンションセンターから約400メートル、徒歩で約10分かかります。パラダイスダイナスティは、中国の王室のエレガントな装飾(中国のグラフィック要素を多く含む)を備えたシンガポールからの有名な中華料理店です。パラダイスダイナスティには、南北両方にさまざまな料理を並べています。主な料理は、8色の小籠包です。
    • Jereme Leung氏によるチャイナ・ブルー(中華レストラン)
      住所:Conrad Manila, Seaside Boulevard corner Coral Way, Mall of Asia Complex, Pasay, Luzon 1300, フィリピン
      ルート:SMXコンベンションセンターの北側からスタートして、Seashell Lnに沿って100メートル歩き、Marina Wayを左折して200メートル進み、Seaside Blvdを右折します。コンラッドマニラまで70メートル歩きます。SMXコンベンションセンターから約400メートル、徒歩で約10分かかります。中国の有名シェフであるJereme Leung氏の創意工夫により、レストランでは伝統的な中華料理をモダンな方法で体現させています。このレストランは、中華料理店とフィリピンの有名シェフが初めて協力したものです。独特な料理、モダンなインテリアデザイン、湾のパノラマの景色が眺められる床から天井まで全面ガラス張りの窓が、中華料理の体験を新たな境地へと引き上げます。
    • Cラウンジ(ラウンジバー)
      住所:Conrad Pasay, Manila, Metro Manila, フィリピン
      ルート:SMXコンベンションセンターの北側からスタートして、Seashell Lnに沿って100メートル歩き、Marina Wayを左折して200メートル進み、Seaside Blvdを右折します。コンラッドマニラまで70メートル歩きます。SMXコンベンションセンターから約400メートル、徒歩で約10分かかります。街のユニークな文化とライフスタイルから霊感を得てデザインされたこのレストランでは、様々なビール、スピリッツ、地元の特製カクテルを楽しめることができます。日中はリラックスした雰囲気が漂い、夜は見晴らしの良いバーとなります。滞在中は、屋外エリアでマニラの夕日の息をのむような美しさを鑑賞することもできます。
    • Brasserie on 3レストラン
      住所:MOA Complex, Seaside Blvd, Pasay, Metro Manila, フィリピン
      ルート:SMXコンベンションセンターの南側からスタートして、Seashell Lnに沿って100メートル歩き、Coral Wayを右折し、Seaside Blvd Sを右折して90メートル歩きます。SMXコンベンションセンターから約400メートル、徒歩で約10分かかります。豪華な料理から健康的な料理までありますが、さまざまな系統の利点を活かすさまざまなオーガニック料理を提供しています。レストランには、屋外ダイニングエリアもあります。お客様は湾を見下ろしながら、和気藹々とした雰囲気で宴会を行うことができます。プライベートダイニングルームには特別なチーフシェフのダイニングテーブルがあり、特別な味の料理と厳選されたオーガニックワインを楽しむことができます。

観光情報

フィリピンのマニラは熱帯モンスーン気候に当たっていて、1年に2観光シーズンしかありません。年間平均気温は約28℃で、11月から6月は蒸し暑く、雨季は6月から10月です。フィリピンの首都で、最大の港湾都市であるマニラには、多くの海外中国人居住者がいます。フィリピンの公用語は英語です。マニラには、マニラ大聖堂、リサール博物館、ココナッツパレス、キッザニア、タール湖などの歴史的名所のほか、モールオブアジア、SMメガモール、SMシティ・ノースEDSAなどのにぎやかな商業センターがあります。